WEBee Campus

経営戦略

No.45

業界の今を捉え、これからを予測する ファイブフォース分析の進め方【2月】

開催期間:2019/02/01~2019/02/22

講座について

 事業戦略を立案する際には、市場の動向や顧客の特性などを知るための外部環境分析が必要になります。業界の競争環境を分析するためのフレームワークとしてファイブフォース分析を学びます。
 企業の競争要因は、大きく5つに分けることができます。この5つの競争要因を理解し、業界の構造的な特徴を明確にすることで、自社が生き残るために必要な事業戦略を見出すことができるようになります。
 この研修では、企業の収益性に影響を与える5つの競争要因について、さまざまな業界の事例をもとに学び、今後自社が業界内でより収益性を高めるための課題抽出や戦略の方向性について考えます。

受講対象者

  • 経営者・経営幹部

研修の特長

  • 講義だけでなく、個人作業やグループ討論を行うセッション形式で進行します。
  • すべての回の出席が前提となります。
    ※インターバル期間中に宿題があります。

オリエンテーション

2月1日(金)9:20-9:40

WEBee Campus受講システム操作説明会(9:20-9:35)、研修受講に関するオリエンテーション(9:35-9:40)

カリキュラム

2月1日(金)9:40-12:40

ファイブフォース分析とは

企業の収益性に影響を与える5つの競争要因を明らかにするためのファイブフォース分析について学びます。

2月8日(金)9:40-12:40

事例研究・自社研究(演習)

ファイブフォース分析のフレームワークを活用して業界分析を行うことにより、具体的なフレームワークの利用方法を学びます。
それらを学んだうえで、自社や業界を取り巻く環境を分析し、5つの競争要因を把握することで、今後の課題抽出や戦略の方向性について考えます。

2月15日(金)9:40-12:40

自社研究(演習)

第2回からの続き

2月22日(金)9:40-12:40

自社研究分析の発表

業界分析と今後の課題や戦略の方向性について発表し、他のメンバーからフィードバックを受けます。

※注意事項
カリキュラムは都合により変更する場合があります。また、システムの不具合等により、講義日程・時間が変更になる場合があります。予めご了承ください。

講師プロフィール

溝井 伸彰

溝井 伸彰溝井&パートナー経営コンサルティング事務所 代表

明治大学政治経済学部卒業後、(株)国連社、(株)ODS、(株)ミツウロコを経て(株)ティビーシーでコンサルティング事業部長就任。ベンチャー支援のため専門家を組織しベンチャー企業、中小企業に対するコンサルテーションを実施。その後、独立。起業家の育成、創業支援及び経営コンサルティングを行う。コンサルティング実績は、試作業、広告業、美容業、美容ディーラー業、専門商社、整体業、樹脂製品問屋業等多岐にわたる。(独)中小企業基盤整備機構などでアドバイザーを務めるなど、各方面で活躍中。中小企業診断士。
著書に「となりの「美容院」が儲かっている本当の理由―誰でも今日からやれる5つのアクション」ぱる出版、「なぜか上手くいく社長の、「失敗しない」しくみ―大振りで狙う勝ちより負けをなくす経営 困難突破マニュアル」ぱる出版、「小さな会社の「移転・引越し」マニュアル―スリムな組織に合ったオフィス環境へ」(共著) ぱる出版。

お申込み

定員 5名
※先着順となります。予めご了承ください。
受講料(税込) 22,000円
※受講料は都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
受講申込み事前接続テスト(必須)受講申込み前に必ずシステムの事前接続テストを行ってください。詳しくは、「WEBee Campusとは」ページ内の申込から受講までの流れ「1.受講環境の確認」のステップに記載の「受講に必要な環境」をご参照ください。

申し込みへ進む

受講申込書(PDF)