WEBee Campus

生産管理

No.60

工場管理者のためのコストダウンの進め方【12月】

開催期間:2018/12/03~2018/12/21

講座について

高品質、小ロット、短納期など、取引先からの要請が厳しくなっているなか、製品の品質や機能を維持し、コストダウンを図りつつ、確実に収益を確保するためには、生産現場の管理・監督者がコストダウンの手順を理解し、目標を定め、社員を導くことが重要となります。
この研修では、そのための考え方や方法について、講義や演習を通して学びます。

受講対象者

  • 経営幹部・管理者

研修の特長

  • 講義、演習、グループで討論を行うセッション形式で進行します。
  • 講義の中でMicrosoft Excelを使用します。
  • すべての回の出席が前提となります。

オリエンテーション

12月3日(月)13:10~13:30

WEBee Campus受講システムの操作について(13:10-13:25)、研修受講に関するオリエンテーション(13:25-13:30)

カリキュラム

12月3日(月)13:30~16:30

企業活動と原価のしくみ

・企業におけるお金の動きと利益の関係
・原価管理の目的・仕組み・計算ステップ

12月5日(水)13:30~16:30

コストダウンの進め方(1)

・コストダウンの定石(管理活動と改善活動)
・原価管理をコストダウン成果につなげるアプローチ方法
・コストダウン余地の見つけ方(材料費、労務費、経費の低減)

12月12日(水)13:30~16:30

コストダウンの進め方(2)

・前回の復習
・自社で取組むテーマの設定の仕方と予測効果の算定法

12月21日(金)13:30~16:30

コストダウンの進め方(3)

・自社で取組むテーマと予測効果の決定
・具体的な進め方についての留意点の検討

※注意事項
カリキュラムは都合により変更する場合があります。また、システムの不具合等により、講義日程・時間が変更になる場合があります。予めご了承ください。

講師プロフィール

大塚 泰雄

大塚 泰雄株式会社MEマネジメントサービス 常務取締役

大手工作機械メーカー勤務を経て、平成3年(株)MEマネジメントサ-ビス入社。平成13年取締役就任。標準原価管理システム構築やコストダウン教育、VE改善等を通じた総合的コストダウンに係るコンサルティングを手掛ける。
主な著書として「トコトンやさしい原価管理の本」、「よくわかる金型の原価管理とコストダウン」(日刊工業新聞社)などがある。

お申込み

定員 5名
※先着順となります。予めご了承ください。
受講料(税込) 22,000円
※受講料は都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
受講申込み事前接続テスト(必須)受講申込み前に必ずシステムの事前接続テストを行ってください。詳しくは、「WEBee Campusとは」ページ内の申込から受講までの流れ「1.受講環境の確認」のステップに記載の「受講に必要な環境」をご参照ください。

申し込みへ進む

受講申込書(PDF)