WEBee Campus

課題対応

No.47

小売業の業務改善講座~回転率と機会ロスを考えた品揃え~【9月】

開催期間:2019/09/04~2019/09/25

講座について

消費者のニーズが多様化し、商品のライフサイクルも短くなっています。また、ネット通販市場が急拡大し、店舗で売るのが難しい時代になってきています。
この研修では、資金繰り改善につながる在庫(商品)回転率を上げつつ、売り損じである機会ロスを防ぐための店舗運営の方法を学びながら、来店者にとって魅力的な品揃えについて考えていただきます。

受講対象者

  • 経営幹部・管理者

研修の特長

  • 回転率と機会ロスを意識することで、お店の資金繰り改善とお客様満足の両立による利益確保を目指します
  • 店舗の運営を任されている店長や管理責任者の方におすすめします

オリエンテーション

9月4日(水)13:10~13:30

WEBee Campus受講システムの操作について(15分間)、研修受講に関するオリエンテーション(5分間)

カリキュラム

9月4日(水)13:30~16:30

自社の現状を知る~小売業における経営改善のポイント

・消費者ニーズの変化とネット社会の到来
・小売業における経営改善の着眼点
・回転率と機会ロスの重要性

9月11日(水)13:30~16:30

店舗運営のポイント

・在庫(商品)回転率の計算方法
・自店にあった計測方法の検討
・機会ロスを発生させないための有効な改善例

9月18日(水)13:30~16:30

品揃えの改善

・商品選びのポイントと仕入れ方法
・自店の改善点の検討

9月25日(水)13:30~16:30

成果報告会

・これまで作成したプランの発表とフィードバック
・今後の定着に向けた留意事項

※注意事項
カリキュラムは都合により変更する場合があります。また、システムの不具合等により、講義日程・時間が変更になる場合があります。予めご了承ください。

講師プロフィール

竹林 晋

竹林 晋有限会社テイクスペース 代表取締役

大学卒業後、食品メーカーの営業経験を経て、コンビニ経営、移動販売車、レンタルボックスショップの経営など様々な事業にチャレンジ、現在も自ら小売サービス業を経営している。こうした事業経験を活かし、これまで1000社以上の中小企業の支援をおこなってきた。
現在は、全国の商店街を対象とした活性化計画だけでなく個店(小売・サービス業)の売上向上支援、全国各地で創業塾に携わり創業を支援、支援コミュニティ/ソーシャルビジネスなど社会貢献企業支援、小規模/中小企業の事業計画策定、マーケティング戦略立案の支援などの活動をしている。中小企業大学校では「店舗作りの進め方」「マーチャンダイジング」「販売促進」、「経営戦略演習」、中小機構の「小規模事業者支援研修」「事業承継支援の進め方」などの講義をしている他、全国各地の商工会・商工会議所等の公的機関の講師依頼を受けている。

お申込み

定員 5名
※先着順となります。予めご了承ください。
受講料(税込) 22,000円
※受講料は都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
受講環境の確認(必須)受講にあたりましては、インターネット環境、PC等の機材が必要となります。詳しくは、「WEBee Campusとは」ページ内の申込から受講までの流れ「1.受講環境の確認」のステップに記載の「受講に必要な環境」をご参照ください。

申し込みへ進む

受講申込書(PDF)