WEBee Campus

課題対応

No.53

物流改善の効果的な進め方【11月】

開催期間:2019/11/08~2019/11/29

講座について

人手不足が深刻化し、人件費が高騰するなかで、物流部門を持つ企業にとっては、物流コストの削減が急務となっています。
この研修では、まず、物流業界を取り巻く最新の動向を押さえていただいたあと、事例を通じて、物流コストの算出方法、改善活動の進め方、取り組む際のポイントなどを学んでいただきます。また、あわせて、自社の物流改善の検討も行っていただきます。

受講対象者

  • 経営幹部・管理者

研修の特長

  • 製造業や流通業など、物流部門を抱える企業の方におすすめします
  • 物流コストを把握することで、抜本的な改善活動が可能となります
  • トラック運送業の方は、「No.48トラック運送業の業務改善講座」がおすすめです

オリエンテーション

11月8日(金)9:20~9:40

WEBee Campus受講システムの操作について(15分間)、研修受講に関するオリエンテーション(5分間)

カリキュラム

11月8日(金)9:40~12:40

物流業界を取り巻く環境の変化

・IoTやAIの活用などの最新の物流動向
・サプライチェーンマネジメントの考え方
・これからの物流のあるべき姿についての討議(自社の課題と未来の解決策)

11月15日(金)9:40~12:40

物流効率改善のための基礎知識

・物流業務改善の考え方
・物流効率の把握と原価計算
・物流コスト演習

11月22日(金)9:40~12:40

物流改善の進め方(1)

・現状把握と目標設定の重要性
・KPI(重要業績評価指標)による物流改善手法について
・自社の改善計画(宿題準備)

11月29日(金)9:40~12:40

物流改善の進め方(2)

・自社の改善計画(発表と討議)
・効果的なKPI(重要業績評価指標)と実行計画
・改善活動の定着に向けて

※注意事項
カリキュラムは都合により変更する場合があります。また、システムの不具合等により、講義日程・時間が変更になる場合があります。予めご了承ください。

講師プロフィール

森高 弘純

森高 弘純近代経営システム研究所 代表

1956年福岡県生まれ。慶応義塾大学商学部卒業後、(株)ビジネスコンサルタント、(株)ユニティを経て、1983年に独立し、コンサルタントとして活動を始める。専門分野は、中小中堅企業の経営管理、経営戦略、生産管理、原価計算、情報システム。コンサルティング実績は、(公社)全日本トラック協会、(公社)熊本県トラック協会、日本貨物運送協同組合連合会、その他民間運送事業者他多数。著書に、「中小トラック事業者のためのITベスト事例集(全ト協)」他。情報処理システム監査技術者。物流経営士資格認定講座の講師としても活躍中。

お申込み

定員 5名
※先着順となります。予めご了承ください。
受講料(税込) 22,000円
※受講料は都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
受講環境の確認受講にあたりましては、インターネット環境・PC等の機材のご用意が必要となります。詳しくは、「受講までの流れ」ページ内の「受講に必要な機材と環境」をご参照ください。

申し込みへ進む

受講申込書(PDF)