はじめての方へ

WEBee Campusは、中小企業の方ならどなたでも受講できる、
演習を交えた実践的なオンライン研修を実施。講師と対話することも可能で、
あなたの会社の課題に対して、より具体的な解決策を身に付けられます。

WEBee Campusの特徴

研修はweb会議システムを利用し、リアルタイムの双方向通信で行います。
少人数制のWEBeeゼミナールや動画教材を通じて、中小企業で活躍する人材を実践的に育てます。

「中小企業大学校」とは、独立行政法人 中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営する人材育成機関です。
中小機構は、国の中小企業支援施策を総合的に実施する機関として、中小企業のためのあらゆる支援事業を行っています。
昭和37年に「中小企業大学校」東京校が開校して以来、関西を始め全国に9ヶ所の宿泊機能を有する研修施設を展開し、各地で研修を実施しています。
短期研修から後継者育成のための長期研修まで、経営課題に合わせた様々な研修を階層別・体系別に開講しており、これまでに延べ65万人の受講者を輩出してきました。

中小企業大学校※中小企業大学校のWebサイトへ

受講対象企業

中小企業者向け研修に参加できる方

資本金又は従業員数のいずれかが下記の表に掲げる範囲に該当する日本国内の中小企業の経営者・管理者・従業員、後継者の方なら年令・学歴等は問わず、どなたでも受講できます。

なお、経営コンサルタント等の中小企業の支援に関する事業を営む方、中小企業診断士・税理士・公認会計士・技術士等の中小企業支援に関連する資格を有する方、教育・研修事業者の方は受講をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください。

区分 資本金 従業員数
製造業、運輸業、建設業、ソフトウェア業、情報処理サービス業、その他の業種※1 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
小売業 5千万円以下 50人以下
サービス業※2 5千万円以下 100人以下
旅館業 5千万円以下 200人以下

製造業のその他の業種には、鉱業、電気・ガス・熱供給・水道業、金融・保険業、不動産業等が含まれます。

サービス業には、クリーニング業、物品賃貸業など、日本標準産業分類の大分類(L-サービス業)に分類される業種等が該当します。