WEBee Campus

中小企業支援担当者等研修

「中小企業支援担当者等研修」は、都道府県、支援センター等の担当者、商工会議所、商工会、
中小企業団体中央会、信用保証協会等の支援機関の担当者等の方を対象とした研修です。

中小企業支援担当者等研修のご案内

研修ガイド

中小企業支援担当者の皆様にご受講いただける研修の詳細につきましては、研修ガイドをご確認ください。

○研修ガイド2019(PDF)

また、研修ガイドの郵送をご希望の方は、資料請求フォームよりお問合せください。(資料請求フォーム

コース一覧(コース名をクリックするとPDFで詳細をご確認いただけます)

No.01 着地型観光商品のつくり方(受付終了)

これから着地型観光商品の開発に取組みたい方、現在の着地型観光商品を見直したい方におすすめです。

No.02 展示会・商談会支援に役立つ営業ツール作成(受付終了)

展示会・商談会の支援を行っている方、営業ツール作り(A4・1 枚)に興味のある方におすすめです。

No.03 小規模事業者への伴走型支援に役立つ計数管理(受付終了)

確定申告支援に携わっている経営指導員の方、小規模事業者の支援能力向上を目指す方におすすめです。

No.04 支援機関に求められる事業承継支援(受付終了)

支援機関としての事業承継支援について基本から学びたい方におすすめです。

No.05/06 伴走型支援に役立つロジカルライティング

ロジカルライティングのスキルを学びたい方におすすめです。

No.07/08 女性経営指導員の相談対応力向上

企業支援に必要な能力を身につけたい方におすすめです。女性限定コースとなっております。

No.09/10 伴走型支援に役立つ傾聴力と質問力

相談対応時の傾聴力や質問力を高めたい方におすすめです。

お申込方法

研修ガイド最終ページやコースチラシ裏面の受講申込書、もしくはこちらのWord版「受講申込書(Word版)」をダウンロードの上、必要事項をご記入ください。お申込は、FAX(03-5470-1561)、郵送、メール(webeecampus@smrj.go.jp)にて受け付けております。 

受講に必要な機材と環境

ご受講にあたっては、機材(パソコン・Webカメラ・ヘッドセット)とインターネット環境が必要になりますので、以下の仕様を参考にご準備ください。※受講人数分必要となりますのでご注意ください。
※なお、数に限りがありますが、ご用意が困難な場合、Webカメラ(USB)、ヘッドセット(USB)の無料貸与を行っております。受講申込の際にあわせてお申込ください(返却の際の費用は自己負担となります)。

パソコン

必要な仕様は下記のとおりです。

OS Windows 7 SP1以降 / Windows 8.1 / Windows 10 各32bit・64bit版
CPU Corei3 または Corei5 2GHz以上推奨
メモリ 2GB以上推奨

※Microsoft Office(Excel・Word・PowerPoint/2013以降)を使用して研修を行いますのであわせてご準備ください。なお、コースによって使用するOfficeアプリケーションは異なります。詳しくはお問合せください。
※セキュリティ更新プログラムを適用して最新の状態でご利用ください。

webカメラ

パソコンにカメラが内蔵されていれば必要ありません。事前接続テストの際に確認して、カメラが動作しない場合にはご用意ください。

ヘッドセット

快適にご受講いただくために、ヘッドセット(ノイズキャンセラー付またはエコーキャンセラー付)をご準備ください。

※プラグの形状がUSB接続のものを推奨いたします。ピンジャック接続の場合は、パソコン側の差込口(イヤホンジャック)がマイク・音声一体型になっているか、ヘッドセット側にマイク機能がついているか、ヘッドセット側のプラグが4極プラグになっているかを確認のうえ、事前接続テストの際に動作確認を充分行ってください。 研修中にノイズが発生した際は、発言時以外に音声をオフにしていただく場合がございます。

インターネット環境

Wi-Fi等の無線接続は通信が安定しない場合がございますので、有線接続を推奨いたします。目安として、上り1.5Mbps 下り1.5Mbps以上の安定したネットワーク環境であれば、スムーズな受講が可能です。※事前接続テストのセルフチェックで『回線チェック結果』が60点以上であることを確認しておいてください。
※セキュリティ更新プログラムを適用して最新の状態で本システムをご利用ください。

事前接続テスト

受講時に使用されるPCで、事前にweb会議システム(FreshVoiceV7)のインストール並びに操作確認を行うことが可能です。

web会議システムのインストール

受講時に使用されるPCにweb会議システム(FreshVoiceV7)をインストールする必要があります。
まずはじめに「web会議システム(FreshVoiceV7)事前接続テストマニュアル」を以下から印刷いただき、手元にご用意できましたら、インストールのリンクをクリックし、マニュアルの指示にしたがってお手続きください。

※IDとパスワードは、「web会議システム(FreshVoiceV7)事前接続テストマニュアル」に記載してありますので、ご参照ください。
※インストールは、管理者(Administrator)権限を持つユーザーアカウントで実行する必要がございますのでご注意ください。

操作確認

インストールが完了しましたら、同じくマニュアルにしたがい、web会議システム(FreshVoiceV7)にログインいただき、「操作確認」を行ってください。
ログインするためのIDとパスワードは、受講が決定いたしましたら、メールにてお知らせいたします。
※受講決定前に操作確認される場合は、マニュアルに記載してある共通ID/パスワードを入力ください。

事前接続テストが終了しましたら、必ず、web会議システム(FreshVoiceV7)のウィンドウ画面を閉じて退出ください。

※受講者のご利用状況(使用される機器やインターネット環境等)に起因する不具合等により、講義時間中に接続できなかった場合・接続が不安定な場合において、受講料の返金はいたしませんので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

独立行政法人 中小企業基盤整備機構 / 人材支援部 中小企業大学校web校 web研修課
〒105-8453 東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル TEL:03-5470-1823