WEBee Campus

経営戦略

No.17

これだけは外せない SWOT分析・TOWS分析の考え方・使い方【9月】

開催期間:2018/09/06~2018/10/12

講座について

 企業は生き残りのために経営環境に適切に対応する必要があります。SWOT分析とTOWS分析は、企業を取り巻く経営環境を強み(Strength)、弱みに(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の4つに分類して分析し、そこから今後の戦略オプションを考えるためのフレームワークです。
 この研修では、戦略立案のベースとなるSWOT分析・TOWS分析について学び、自社・自部門にかかる経営環境の分析を実践することで、今後、戦略立案の方向性を検討するヒントを掴むとともに、実践力を向上することを目的としています。

受講対象者

  • 経営幹部・管理者

研修の特長

  • 講義だけでなく、個人作業やグループ討論を行うセッション形式で進行します。
  • すべての回の出席が前提となります。

オリエンテーション

9月6日(木)9:20-9:40(9:35-9:40)

WEBee Campus受講システム操作説明会(9:20-9:35)、研修受講に関するオリエンテーション(9:35-9:40)

カリキュラム

9月6日(木)9:40-12:40

外部環境分析(機会・脅威)の進め方(演習)

「SWOT分析」「TOWS分析」には自社に係る外部環境と内部環境について整理・分析する必要があります。
ここでは、外部環境分析を行う上で使用する手法について、考え方と活用法を学びます。

9月20日(木)9:40-12:40

内部環境分析(強み・弱み)の進め方(演習)

インターバル期間中の宿題を発表しディスカッションを行います。
内部環境分析を行う上で使用する手法について、考え方と活用法を学びます。

10月4日(木)9:40-12:40

SWOT分析とTOWS分析の実践(演習)

インターバル期間中の宿題を発表しディスカッションを行います。
SWOT分析とTOWS分析について作成のポイントを学び、これまでに行った外部環境分析と内部環境分析を元にして、分析に取り組みます。

10月12日(金)9:40-12:40

自社研究分析の発表・まとめ

自社のSWOT分析およびTOWS分析について発表し、他のメンバーからフィードバックを受け、今後の戦略構築の方向性について検討するヒントを掴みます。

※注意事項
カリキュラムは都合により変更する場合があります。また、システムの不具合等により、講義日程・時間が変更になる場合があります。予めご了承ください。

講師プロフィール

渡辺 晴樹

渡辺 晴樹株式会社MELコンサルティング 代表取締役社長

中小企業診断士。1978年株式会社マネジメントエンジニアリング研究所(現 株式会社エム・イー・エル)入社。2007年に現会社に転籍し、2010年より現職。経営診断や経営理念の立案、経営ビジョンの構築、経営戦略の策定、中長期経営計画・年度経営計画の作成及び推進支援などを専門とする。
著書に、「新規事業開発実践マニュアル」(日本実業出版社、共著)、「経営戦略フォーマット総集」(日本実業出版社、共著)などがある。中小企業大学校東京校の講師も務める。

お申込み

定員 5名
※先着順となります。予めご了承ください。
受講料(税込) 22,000円
※受講料は都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
受講申込み事前接続テスト(必須)受講申込み前に必ずシステムの事前接続テストを行ってください。詳しくは、「WEBee Campusとは」ページ内の申込から受講までの流れ「1.受講環境の確認」のステップに記載の「受講に必要な環境」をご参照ください。

申し込みは終了しました

受講申込書(PDF)