WEBee Campus

生産管理

No.75

NEW

リードタイム短縮と最適在庫の考え方【2月】

開催期間:2020/02/14~2020/03/06

講座について

不要な在庫を持つことは会社の資金繰りを悪化させるため、在庫の量を適正化することは重要ですが、多品種少量生産が多い中小企業の現場では、理論的に在庫量を決められていないケースが多いのが現状です。
この研修では、在庫量と密接な関係にあるリードタイムの理論的な分析を行い、そこから可能になるリードタイムの短縮を検討したうえで、自社の最適な在庫設定に取り組んでいただきます。
※Excelを使って自社のさまざまなデータを入力していきながら、研修を進めていきます。

受講対象者

  • 管理者・新任管理者

研修の特長

  • 自社のデータをもとに調査・分析を行いますので、自社の在庫量の適正化につなげられます
  • 分析結果だけではなくプロセスも習得できるため、工場管理のレベルアップが期待できます

オリエンテーション

2月14日(金) 14:10~14:30

WEBee Campus受講システムの操作について(15分間)、研修受講に関するオリエンテーション(5分間)

カリキュラム

2月14日(金) 14:30~17:30

企業をとりまく環境変化への対応

・経営環境の変化への対応と顧客要求を満たすための必要事項
・リードタイムからみた企業の基本戦略

2月25日(火) 14:30~17:30

リードタイムと在庫の構造分析

・構造分析の手順
・リードタイム短縮のための2つのアプローチ

2月28日(金) 14:30~17:30

納期・在庫管理のための指標化

・在庫責任の明確化
・基準在庫の設定

3月6日(金) 14:30~17:30

標準時間の設定方法と活用法

・計画による在庫削減
・リードタイム短縮のための管理手法改善

※注意事項
カリキュラムは都合により変更する場合があります。また、システムの不具合等により、講義日程・時間が変更になる場合があります。予めご了承ください。

講師プロフィール

添田 英敬

添田 英敬株式会社MEマネジメントサービス マネジメントコンサルタント

独立系システムインテグレーターにて流通業向け販売供給システム開発に携わる。会計事務所勤務後、日本IE協会にて、生産技術スタッフ向け研修会、現場実習、工場見学会などの企画・運営、協会会員誌「IEレビュー」の企画、編集業務に従事。その後、同社入社。社内外の研修講師を務めるほか、大手電機メーカーでのコンサルティング業務を行うなど、精力的に活動中。

お申込み

定員 5名
※先着順となります。予めご了承ください。
受講料(税込) 22,000円
※受講料は都合により変更する場合があります。予めご了承ください。
受講環境の確認(必須)受講にあたりましては、インターネット環境、PC等の機材が必要となります。詳しくは、「WEBee Campusとは」ページ内の申込から受講までの流れ「1.受講環境の確認」のステップに記載の「受講に必要な環境」をご参照ください。

申し込みへ進む

受講申込書(PDF)